2017/09 ≪  2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017/11
■小川和佑先生が……■
2014/09/23(Tue)








 とうとうこの日が来てしまいました。

 大変つらいことですが、やはりインターネット上にも告知致します。



 平成26年9月20日の午後2時50分、われらが恩師、

 小川和佑先生が永遠の眠りに就かれました。


 御葬儀の日程・会場をお知らせ致します。



 ■お通夜

 9月23日(火/秋分の日)午後5時~

 ■葬儀・告別式

 9月24日(水)午前10時30分~

 (出棺:11時30分)



 会場はいずれも『栃の葉 戸祭ホール』です。

 住所:栃木県宇都宮市八幡台1-28

 TEL:028-650-5166

 http://sougi.bestnet.ne.jp/tochinohato-utsunomiya/map.html

 JR宇都宮駅西口よりタクシー15分(駐車場350台)



 喪主は、奥様であられる小川節子様です。



 小川和佑先生は、昭和5(1930)年4月29日のお生まれ。

 庚午。今年は年男でした。

 享年は満年齢で84歳。

 この夏頃から体調を崩され、療養中でしたが、奥様、娘さんご夫婦、それにお嫁さんやお孫さん、教え子二名とさらに孫弟子に看取られながら、静かに息を引き取りました。


 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。――合掌



 先生は第一に物書きです。書かれたものは我々に残されています。

 もう一度、何度でも、読みましょう。それが一番の供養でしょう。



 これから宇都宮に向かいます。


スポンサーサイト
この記事のURL | 小川和佑先生紹介 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小川和佑先生紹介
2013/04/29(Mon)
小川和佑先生近影
 小川和佑先生は、昭和五(一九三〇)年四月二十九日、東京目黒の生まれ。明治大学文学部文芸科卒業。
 
 学生時代よりすでにプロの物書きとして評論活動を開始。昭和三十年代中頃には、「戦後派」の詩人の一人に数えられていた。剣道三段。教員時代は、剣道部の生徒を引き連れ全国大会へも。国語教科書の編纂にも携わり、国語教育における詩的体験の重要性を説く。
 
 いくつかの短大等の講師を歴任後、昭和女子大学の助教授に。研究・評論活動に専念するため詩筆は折るも、立原道造、伊東静雄、三好達治、堀辰雄等、昭和十年代の詩と思想、特に『四季』研究の第一人者に。
 
 一方、同時代の文学にも、その詩人としての体験を活かし、詩を小説と同一地平で論じるという独自の地歩を築き、文芸評論家としても活躍。「詩学」「サンデー毎日」「関西文学」等の書評欄や文芸時評を長らく担当。同人雑誌作家・詩人の発掘にも力を注ぐ。また、文学と風土を論じた著書も多数出版。
小川和佑先生-明治大学文学部「最終講義」
 昭和四十八年から平成十二年度までの二十八年間、母校・明治大学文学部の講師を務める。同時に、大東文化大学、宇都宮大学、東京電機大学の講師を歴任。講談社フェーマス・スクールの「小説講座」なども担当。のちに直木賞を受賞した某流行作家も「小川教室」の生徒であった。
 
 平成三年頃からは、「桜の文学」の研究家として一般にも知られるようになり、NHKのラジオ講座を務めたり、各種エッセイを新聞、雑誌にものす。また、大谷晃一氏の『大阪学』に対する『東京学』(ともに新潮文庫)を著す等、現在に至るまでその仕事の領域を拡大し続けている。
 
 明大を定年退職した現在も、東京電機大学の教養課程講座と、明治大学リバティアカデミー公開講座の講師を務める。時折、NHKテレビに、桜文化の解説者として出演することも。
 
(平成十四年四月、ウェブサイト「西向の山」「小川ゼミの部屋」より)
この記事のURL | 小川和佑先生紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |