FC2ブログ
2018/10 ≪  2018/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018/12
『立原道造論』
2014/01/31(Fri)
【書名】立原道造論
【発行日】昭和四七(一九七二)年五月一〇日
【発行所】五月書房
【体裁】四六判上製、角背厚表紙、カバー、帯付。
【頁数】三五一頁
【定価】九八〇円
【目次・内容】
※審美社版『立原道造研究』参照。
【解題】
 審美社版『立原道造研究』の増補普及版。五月書房の〈作家論シリーズ〉に合わせ、研究的な部分を省略し、作家論としてまとめたもの。
 増補されているのは、第Ⅰ章中の「蒲原有明より立原道造へ」。ほか全体的に再構成され、それにともない細かい部分も補筆改稿されている。
スポンサーサイト
この記事のURL | 1970年代の著書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ogwkzsk.blog.fc2.com/tb.php/18-1a56ca48

| メイン |