FC2ブログ
2018/09 ≪  2018/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018/11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『三島由紀夫少年詩』
2014/02/15(Sat)
【書名】三島由紀夫少年詩
【発行日】昭和四八(一九七三)年九月二五日
【発行所】潮出版社
【体裁】四六判上製、角背・マゼンタ色土佐壇紙装厚表紙、カバー付、貼函入り。
【頁数】二六九頁
【定価】九〇〇円
ogwkzsk-mishimasyounenshi.jpg
【目次・内容】
 ことばの目覚め――出発
 神話の記録
 海のこころ
 剣と夭折
 蜃気楼の国
 神を見たか――ラディゲの死
 鎖された夢
 詩を書く少年
 抒情的エスキス
 鹿鳴館幻想
 「十五歳詩集」の周辺
 続「十五歳詩集」の周辺
 間奏曲――軽井沢
 「四季」・立原道造
 抒情詩抄・花ざかりの森
 続・抒情詩抄・花ざかりの森
 浪曼への鑽仰――蓮田善明
 英霊の声――散華の思想
 うたの別れ――Ⅰ伊東静雄
 うたの別れ――Ⅱ「文芸文化」
  あとがき
【解題】
 装幀および函・カバー・扉の装画は、三島由紀夫の『豊饒の海』を手掛けた村上芳正氏で、小川和佑先生の趣味ではないかもしれないが、先生の著作中最も華麗な造りの本である。そしてこれは、先生にとって初の書き下ろしによる長篇評論である。
 三島由紀夫――この稀代の作家を論じた書物は、純粋に文学的なものに限っても膨大な数にのぼる。しかしその中にあっても本書は、三島の少年時代の詩篇を真正面から把えたほとんど唯一といっていい評論である。
 三島由紀夫は最初詩人として出発したというのはよく知られている。が、その詩について正当に論じられることはなかった。理由はいろいろ考えられるが、一番大きな理由は、何度も言うようだが文壇の評論家の多くはやはり小説偏重で、というよりもっとはっきり言えば、詩を詩として論じられるだけの詩的体験を持っていない場合が多いからである。

 ……私は作家の死後、あえて作家を論じなかった。そして、作家が遺していった六十余篇の少年期の詩を繰り返し読み続けていた。この一冊はそのいわば「少年詩篇」というべきものとの私の対話である。
     ――「あとがき」


 詩を媒介にした魂と魂の対話。全篇通してそこに息づいているのは、評論家の冷徹な眼ではなく、何よりも詩人の眼であり、詩人の心である。ともに同時代を生き、文学を愛してやまない詩人の心。先生は、一切の夾雑物を排し、固定観念に捕らわれることなく、少年三島が残した詩篇を、一篇一篇、まずその作品そのものを読むことによって、そこから何が見えてくるかを丹念に解いていゆく。この場合も、あくまでも十代の少年詩人の心に即して。ここに、通例の作家研究・評論とは趣を異にする本書の大きな特徴がある。小川和佑という詩人でもある評論家がいたことは、三島由紀夫にとって幸運なことだったといえるだろう。
☆西山蔵書 ◎五十嵐蔵書
【参考】小川和佑著『三島由紀夫少年詩』仮想文庫版解説
スポンサーサイト
この記事のURL | 1970年代の著書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ogwkzsk.blog.fc2.com/tb.php/22-a6ac74d4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。