2018/05 ≪  2018/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018/07
『文明開化の詩』
2016/05/15(Sun)
【書名】文明開化の詩
【発行日】昭和五五(一九八〇)年一〇月二五日
【発行所】叢文社
【体裁】四六判上製、丸背黄色クロース厚表紙、カバー装。
【頁数】二五七頁
【定価】一五〇〇円
【目次・内容】
1 詩的なるものとの遭遇
   日常のなかの詩   詩を感じるとき
   クラウディウスの「五月の歌」   幕末の知識人
2 西方からの声
   西洋詩の衝撃   讃美歌の和訳
   詩的空間としての讃美歌   敗者の復権――奥野昌綱の場合
   西方からの歌声
3 開花思想とナショナリズム
   少年鼓手の文明開化   俗謡改良としての「小学唱歌」
   近代抒情詩の源流   里見義の「庭の千草」
   「蛍」のおけるナショナリズム
4 啓蒙としての民権歌謡
   歌え、自由民権㈠   歌え、自由民権㈡
   不可志の夢   『小学唱歌』と『民権歌謡』の接点
5 実験詩『新體詩抄』
   新帰朝者戸山正一   詩的実験としての「新体詩」
   アイディア盗用『新體詩歌』
   トマス・グレーの「墓畔の哀歌」   正直正太大、哄笑す
6 詩のなかの精神史㈠
   西南戦争の衝撃――勝者の頌歌
   敗者の悲歌としての「孝女白菊の歌」   落合直文の新体詩
   「孝女白菊の歌」の読まれ方
7 詩のなかの精神史㈡
   二つの「君が代」   文部省と海軍省の抗争
   キリスト者の声――詩集「十二の石塚」
   『新撰讃美歌』の完成
8 新しき詩歌の時代へ
   『於母影』抒情   開化の女学生――新しい読者層の形成
   明治望郷歌㈠   明治望郷歌㈡
9 エピローグ―近代詩の光と影
   抒情詩の時代   北村透谷の死
   科学技術讃歌――『鉄道唱歌』
 明治詩史年表(二三七~二四六頁)
 参考文献(二四七~二五五頁)
 あとがき
【解題】

☆西山蔵書
※補完:2018/01/11(Thu)
スポンサーサイト
この記事のURL | 1980年代の著書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ogwkzsk.blog.fc2.com/tb.php/46-27edbc13

| メイン |