FC2ブログ
2018/07 ≪  2018/08 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018/09
憂国忌いくたび
2017/11/25(Sat)
   14年目(昭和59年)の「憂国忌」――三島由紀夫再び
 
 三島由紀夫が遺作『天人五衰』の最終章の初夏の月修寺の描写を書き終えたのは一九七〇年(昭和四十五年)の十一月二十五日の夜明だった。その日、衝撃の作家の自決が行われた。
 あれからもう十四回目のその日が廻って来た。「狂気の沙汰」と評した中曽根防衛庁長官は現在では支持率五〇%以上の内閣首班の二期目に入る。遥かな時間はまことに三島の『豊饒に海』の主題のごとく輪廻転生を思わせて、改めて学生の間に三島文学再評価の気運を感じさせる。
 ――というのはほかでもなく、この七月から十月にかけて開かれた東大・中大生を中心にした三島由紀夫研究会が、文学離れといわれている現代の学生の関心を集めて、思いもかけず多数の若い聴講者を集めたことだった。この連続講演の第一回の演壇に上がって、三分の一を占める女子学生の数も、十四年を経て行動的思想家三島由紀夫像から、本来の作家三島由紀夫像に回復したという感を深くした。没後のさまざまな政治的・思想的な批判と思惑を捨象して、再び作家の三島由紀夫像が若い読者の関心を呼んだのは、講演の後の座談会での発言によれば、三島由紀夫の小説戯曲に現代の小説からは失われた文学を初めて教えられたという意見が多かった。
 二十歳前後の学生たちにとって三島事件はほとんどなんお精神的痕跡も残してはいない。学生運動の完全に失速してしまったいまの時代、学生たちが三島の「金閣寺」や「鹿鳴館」にたどり着いたのは、政治的・思想的な動機からではなく純粋に文学的動機からであった。
 個性のない文体でいくら日常的な小市民の意識を語ろうとも、それがいかにテレビ化、映画化されようとも、学生たちの読者にとっては全くそれは魅力を感じないのだという。つまり、文学らしい文学への渇望が自ずと三島由紀夫の作品に到達したという見解が自然だろう。学生の保守化、右傾化という次元の問題ではない。『春の雪』や『奔馬』になにかを観ようとしているならば、日常と癒着して、それを唯一の存在感と考えている現代の小説に対する批判と抗議の結果なのだった。
 彼らが三島作品を改めて読むということは一部の思想家の考えている「憂国」とは完全に断ち切られている。もしも十四年祭の「憂国忌」を契機に新しい三島ブームというものが起こり得たならば、それは政治と思想に向けられたものではなく、現代の作家へ向けての読者の厳しい意志の表明である。
 三島・高橋和巳以後の作家たちは、小説がなによりも文学であるというきわめて常識的な原理を見失ってはいなかったか。若者文化を軽蔑しながら、それにおもねり接近していった報復をいま学生の読者層から手厳しく受けているということが現実である。
 例えば、三島由紀夫の古典理解と同等以上に古典を語ることのできる新進作家が皆無なことを学生たちは知っている。ブランド商品や食味の知識など、彼らにとっては軽蔑の対象であっても、作家への信頼や畏敬への念には繋がらない。それを充分認識しているから、あえて新進作家の小説が文庫本に入ろうとも手にしないだけである。
 しかし、この三島由紀夫への学生たちの再発見は文学の回復というだけではない側面を有している。六〇年代を通じて三島の時代というものは高橋和巳の存在という二つの極によって成立していた
 三島・高橋。あるいは三島・大江(※初出では「吉本」)でもよい、そうした二極の上に三島由紀夫の作品が存在していたが、八〇年代の三島の場合に一方に極が不在なのだ。それはきわめて危険な形ともなりかねない。
 若い読者のこの三島文学再発見の動きを八五年の文学へつないで、今後とも注意深く見守り続けてゆきたい。
 
   〈初出〉昭和五九(一九八四)年一一月二八日「毎日新聞」(夕刊)
     ――小川和佑「三島由紀夫―反『日本浪曼派』論」
        「あとがき」より
        (昭和六〇年四月・林道舎)
スポンサーサイト
この記事のURL | 小川和佑先生の言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ogwkzsk.blog.fc2.com/tb.php/62-799008c4

| メイン |